スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

D列車でいこう

体調が悪い時に寝転びながら読んだ本パート2です。
廃線が決定したローカル鉄道を救いたいと熱い思いに突き動かされた元銀行マン、リタイア官僚、仕事に恵まれていなかったMBA取得の女性の3人のポジティブストーリー。
いや、良かったんですよ、とっても。結構、有り得そうな話だし、何より利益目的じゃなく動く3人の行動は、感動的なんです。ただただ、ちょっと引いちゃったのが、勤めていた銀行で能力にあった仕事を任せてもらえず努力して夜学でMBAを取得した優秀な30代の女性の書かれ方がなぁ。。
ビジネスのここぞという勝負時には、ミニスカートのスーツを着るんですよぉ。。そんな人、今時いるかな?とか、男性二人と一軒家で暮らすぐらいの行動力のある人が(ビジネスの拠点として一軒家を借りて住む)、その事でちょっとセクハラ受けたからってメソメソ泣くかぁ?とか、どうも違和感があった。。
強くてクレーバーな女性として描かれているから、何かちぐはぐな感じがしてしまって。。
どうせなら駄目キャラとかの設定なら、ミニスカートもメソメソもしっくりくるんだけどなぁー。男性2人もキャラがいまいち弱いし。
せっかく面白い題材だったので、もっともっと登場人物が個性的だった方が、面白くなったんではないかな~と、なんだかとっても勿体ない感じがしてしまって。。っと上から目線の偉そうな書評ですみません~。
多分、40代後半位からの男性が読むとめちゃめちゃ面白いと感じるんではないでしょうか。何かそんな気がしました。

D列車でいこう (徳間文庫)D列車でいこう (徳間文庫)
(2010/07/02)
阿川 大樹

商品詳細を見る
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「D列車でいこう」阿川大樹

廃線が決定したローカル鉄道を救いたいと、退職した上に会社を創ってまで田舎町にやって来た三人組。MBA取得の才色兼備銀行ウーマン。町工場相手に良心的融資を実践する銀行支店...

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。
プロフィール

ぴぃ

Author:ぴぃ
ぴぃです。
色んな意味で、私みたいな人がいてもいいんじゃな~い?って事でブログ始めてみました。

*いつもコメントを有難う御座います!
コメントを頂けると本当に嬉しいのですが、宣伝や自分のブログの紹介の為だけのコメントなどや、また私のお気に召さないコメントも、もちろん削除させて頂きますので、あしからず。

最新記事
最新コメント
くろねこ時計
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


検索フォーム
RSSリンクの表示
読んだ本
ぴぃさんの読書メーター
リンク
カウンター
冠位十二階
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。