卍の殺人

ひっさびっさの推理小説!
懐かしい感じで、さらさらっと読めた。
こういう小説は、もの凄ぉ~~く沢山読んできているので、途中でトリックや犯人は、何となく分かっていたけど、読み慣れているだけあって、安心?して読めた。
次は、こういう展開だろうなって通りに進んでいくので、ゆったりとお湯に浸かっている様なリラックス状態で読めた。
後書き読んだら、かなり昔に書かれた本だったのね。
で、出版当時は酷評されていたらしいのだが、何で酷評?って感じ。
絶賛される程では無いけど、そこそこ面白かったです。
一つ残念なのは、謎を解く人が、後半に突如現れる人ってとこかな。。
それまでのストーリーには、関係無い人が謎を解くっていうのが、ちょっと唐突過ぎる感じで、盛り上がり損なった感が否めない。
でも、この本がこの作家さんのデビュー作だったらしいので、
デビュー作でこの面白さなら、全然良いと思いました~。

卍の殺人 (中公文庫)卍の殺人 (中公文庫)
(2011/10/22)
今邑 彩

商品詳細を見る
スポンサーサイト
プロフィール

ぴぃ

Author:ぴぃ
ぴぃです。
色んな意味で、私みたいな人がいてもいいんじゃな~い?って事でブログ始めてみました。

*いつもコメントを有難う御座います!
コメントを頂けると本当に嬉しいのですが、宣伝や自分のブログの紹介の為だけのコメントなどや、また私のお気に召さないコメントも、もちろん削除させて頂きますので、あしからず。

最新記事
最新コメント
くろねこ時計
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2012年03月 | 04月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


検索フォーム
RSSリンクの表示
読んだ本
ぴぃさんの読書メーター
リンク
カウンター
冠位十二階