スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

127時間

映画の予告編見て面白そーっと思い映画でなく本を読んでみた。
若き青年アーロン・ラルストンがグランド・キャニオンで片腕を石に挟まれてしまい身動きできない状態でも最後迄諦めず、生きる為に自らの体を傷つける事にはなるが最良と思える方法をとり、救出される迄のお話。
実話なんですが、実話故か本の文章自体は、なんか最初は少々稚拙な感じがしてしまい、本として面白いかと言われれば、うーーん、、、って感じだったのだが、圧倒的な驚愕体験の事実がその稚拙さをカバーしてしまい、話が進むにつれ先がどんどん読みたくなった。
実際に起こった話で、しかもカメラでリアルタイムで撮影していたという、本で見るより映像の方が何倍も訴えかけてくる物があるとは思うけれど、彼の詳細な心理状態の経緯や精神的苦痛などは、本ならではでしょー。って事で、究極の体験をしている時の心理状態などに興味がある人は読んでみる価値ありかも。
助かる見込みがほぼ無いと思われる状況での絶望的な心理や、それでも強い自制心で水を少しづつ飲むなど、延々と描写される心理状況は、真さに経験した人でなければ書けない内容。。
これが小説だったら、フィクションだから何でもありだよね~って言われかねないぐらいのストーリーだけど、これは本当に実際起こった実話。
実話には、いちゃもんつける余地は、無い!
実話。実話。実話。これがこの本の全てかと。

実際の映像がYoutubeにあったのでアップ
   ↓
http://www.youtube.com/watch?v=NerTo86BE9w&feature=related



127時間 (小学館文庫)127時間 (小学館文庫)
(2011/04/06)
アーロン・ラルストン

商品詳細を見る



スポンサーサイト
プロフィール

ぴぃ

Author:ぴぃ
ぴぃです。
色んな意味で、私みたいな人がいてもいいんじゃな~い?って事でブログ始めてみました。

*いつもコメントを有難う御座います!
コメントを頂けると本当に嬉しいのですが、宣伝や自分のブログの紹介の為だけのコメントなどや、また私のお気に召さないコメントも、もちろん削除させて頂きますので、あしからず。

最新記事
最新コメント
くろねこ時計
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2011年06月 | 07月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


検索フォーム
RSSリンクの表示
読んだ本
ぴぃさんの読書メーター
リンク
カウンター
冠位十二階
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。